運営方針

事業展開5つの指針

5つの事業展開計画

オール九州としての地域力の向上

観光客にとっての魅力は、その地域の住民にとっても魅力的であることが重要である。まずは、この魅力を九州の住人が理解し、観光資源として育てていくための地域力向上を図る。その後、オール九州として、首都圏へと進出を計画する。

九州の優れた「地域食」の販路拡大

九州の優れた食品、特色ある地域特産物、これらの特徴を生かしながら、アンテナショップや百貨店、大型スーパーを通じた全国展開など、オール九州での情報発信と市場拡大に努める。 ◯アンテナショップ事業:当初として、九州の地域力を向上させる為に、九州に住む地域住民に強くアピールする企画・催事をアンテナショップで実施する。 ◯移動販売における九州フェア事業:総合スーパーマーケット等と連携し、「九州フェア」を面展開させ、九州各地の産品の販路拡大を目指す。 ◯百貨店における九州物産展事業:広く知られた食品だけでなく、地域だけで好まれている伝統的な食も集約し、今まで百貨店で取り扱いのない食品の販売する場を提供する。

ホームページやメディア等の活用

「福岡ブランド」同様に、「熊本ブランド」「鹿児島ブランド」を開設し、九州各地のブランドを確立させる。また、アンテナショップにおいても、ホームページやメディア等を活用し、商品情報の提供、企画催事の広報を行い、九州の魅力の積極的なPRに努める。

九州の中小規模企業を主体として、知られていない優れた食の発掘

各地で昔から食べられていた物を丁寧に発掘し、地元で親しまれている食を外部から評価してもらえる仕組みを整備し、新たな九州のブランドとして紹介する。

セミナー・勉強会の開催

通販や食品衛生法等のスキルアップ等の人材育成を行い、今後の移動販売や物産展事業、全国展開に向けて必要な事業体制づくりのサポートを行う。